【後縦靭帯骨化症による手の痺れ、筋肉のこわばりでお悩みのお客様】当院での施術実例をご紹介

こんにちは。にし予防整体院で筋膜整体士をしている西口幹大です。

今日は当院をご利用いただいているお客様の施術実例をご紹介します。

筋膜整体の解説ブログ

  • 整体に興味はあるけどどんなことされるか不安・・・
  • 整体ってよくなるの?
  • 色んな整体院に通ったけどなかなか効果を感じられない
  • 筋膜整体が気になる!

という方に向けて実際当院で行っている筋膜整体について詳しく解説していきます。

その他に施術方法についても紹介しますので是非参考にしてみてください。

筋膜について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考にしてみて下さい。

https://nishi-yobo-seitai.com/wp-admin/post.php?post=2640&action=edit

今回のお客様

  • 40代男性
  • お悩み内容 3年前に後縦靭帯骨化症と診断を受けたお客様。1年前から手のこわばり、痺れ、肩こりが辛く生活に支障のある状態。痺れは右中指と薬指にあり。
  • 選んだメニュー 3枚回数券

施術前の様子

▪️右中指と薬指の痺れ 10

常に痺れあり。夜間に強くなる。(左手の痺れもあるが右ほどではない)

▪️腰痛 7

寝ている時

▪️肩こり

常に

▪️その他

手のこわばり、右膝の痛み

痛みや痺れは10段階で評価(お悩み度)


カウンセリングと評価

現在の手のしびれ、肩こり、手のこわばりは後縦靭帯骨化症による影響が考えられる。

触診の結果、上半身の筋緊張が高く筋膜の滑走状態も悪いと判断。

右膝の痛みに関しては、過去の右足捻挫、左右の足首の骨折などにより筋膜に傷がついたのが原因の一つになっている可能性あり。

お客様のお悩みは上半身に集中しているため優先的に上半身の筋膜調整を実施。


主な施術内容

・筋膜調整

両肩甲骨周囲、鎖骨回り、骨盤周り、右前腕、右手の筋膜調整

※施術を重ねていく中で他の場所の筋膜調整も行っています。

・セルフケア指導

手のこわばりを和らげるマッサージ、肩甲骨周囲の筋肉のストレッチ

・日常生活指導 

激しい運動、コンタクトスポーツは注意、首が後ろに行く運動を禁止

・生活指導

水分摂取方法、有酸素運動

後縦靭帯骨化症による筋肉のこわばり、しびれでお悩みの方は筋膜調整がおすすめ。さらにセルフケアで症状をやわらげ、生活上気をつけることを守り症状の悪化に努めていきます。


施術後の経過

▪️1回目施術後

施術後体が軽くなる

痺れの頻度↓、痺れで目がさめることがなくなった

▪️2回目施術後

右中指と薬指のしびれ 10→2

寝る時の腰の痛み 7→1

▪️3回目施術後

右中指と薬指のしびれ 10→1−2

腰痛 0

肩こり 初回の半分くらい

1回目の施術後から指のしびれ、筋肉のこわばりの改善がみられました。

施術を重ねるごとに症状は軽減していきましたが、日により症状にムラがある状態です。

現在は、月に1回お身体をメンテナンスすることで症状はおさまってきている状態です。

引き続き症状の悪化と予防、生活の質の向上のためにしっかりとサポートさせていただきます。


まとめ

  • 後縦靭帯骨化症は進行性の病気でしびれや筋肉のこわばりの症状がみられる
  • 後縦靭帯骨化症によるお悩みは筋膜調整がおすすめ
  • 後縦靭帯骨化症は施術だけでなくセルフケアや気をつける動きを知ることで症状の悪化と予防ができる。

※施術効果には個人差があり、必ず改善できると保証できるものではございません。当院だけでの評価や施術が難しい場合には、病院を紹介させて頂くこともございます。今回のお客様と同じようなお悩みを抱えている方は一度ご相談ください。