施術の特徴

当院では、全身の筋膜から施術する「筋膜調整」を取り入れております。

なぜ筋膜が大切か?3つの理由

1. 筋膜は全身をおおっている

筋膜は、例えるなら1枚仕立てのボティスーツです。

そのため、筋膜の1箇所が傷をおったり、ねじれたりすると全身に影響が広がります。

例えば、過去に膝の靭帯を切ったことのある腰痛の方がいた場合、膝のまわりの筋膜に傷がついたことで、腰の筋膜が引っ張られ腰痛がおきている可能性があります。

このように、過去の大きなケガ・骨折・手術などは筋膜を傷つけ全身に影響が出るため、当院では、問診をていねいに行い痛みの原因を探していきます。

腰が痛いから腰を、手が痺れるから手を必ずしも施術するわけではないのです。

2. 筋膜の深いところ(深筋膜)には血管や神経が豊富

fascia

 深筋膜には、血管、神経、感覚受容器(痛みのセンサー)が豊富にあります。

そのため、深筋膜が硬くなり、滑りが悪くなることで、痛みや痺れ、重だるさ、むくみ、体の動かしにくさ・動かし方がわからないなど様々な症状を引き起こします。

深筋膜の硬さをとり滑りをよくすることでこれらの症状を改善することが可能になります。

3. 筋膜はライン(線路)となって全身を走行している。

人間には、前方運動(曲げる)、後方運動(伸ばす)、外方運動(外にひらく)、内方運動(内にとじる)、外旋運動(外にひねる)、内旋運動(内にひねる)といった運動があります。

実は筋膜にもこれらの運動に合わせてラインがあります。前方の筋膜のライン、後方の筋膜のライン・・・といったものです。

なぜ大切かというと、どこのラインに問題があるかわかることで、痛みの原因となる筋膜のラインやどんな動きが苦手かを知ることができます。

当院は、筋膜のラインに沿って施術を行います。筋肉がかたい部分だけをほぐすよりも、全身にはりめぐらされている筋膜のラインを施術することでより痛みや痺れの原因を取り除くことができます。

筋膜の大切さがお分かりいただけたでしょうか?

当院では、痛みや痺れを改善するには筋膜調整が必要だと考えています。

しかし、痛み・痺れ全てを筋膜施術で改善することはできません。なぜなら、人間の体は複雑にできており神経系や構造上(骨、関節、内臓など)の問題も痛み・痺れに関係するからです。

そのため、筋膜調整だけにこだわらずお客様にとって良い方法を選択します。お客様に納得していただけるよう説明しながら施術を進めていきますのでご安心くださいませ。

予約・お問い合わせ

出張状況、営業時間はカレンダーをご覧ください。
定休日:不定休

読み込み中... 読み込み中...