【変形性膝関節症による膝の痛み、階段の昇り降りが辛いと感じているお客様】当院での施術実例をご紹介

2022年9月27日

こんにちは。にし予防整体院で筋膜整体士をしている西口幹大です。

今日は当院をご利用いただいているお客様の施術実例をご紹介します。

筋膜整体の解説ブログ

  • 整体に興味はあるけどどんなことされるか不安・・・
  • 整体ってよくなるの?
  • 色んな整体院に通ったけどなかなか効果を感じられない
  • 筋膜整体が気になる!

という方に向けて実際当院で行っている筋膜整体について詳しく解説していきます。

その他に施術方法についても紹介しますので是非参考にしてみてください。

筋膜について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考にしてみて下さい。

https://nishi-yobo-seitai.com/wp-admin/post.php?post=2640&action=edit

今回のお客様

  • 70代男性
  • お悩み内容 長時間歩いた時、階段を降りる時に膝の内側に痛み(右の方が強い)、正座ができない。
  • 選んだメニュー 3枚回数券

施術前の様子

▪️右膝内側の痛み 10

長時間歩くとき、階段を降りる時(左足から降りる時)

▪️左足首の痛み 8

長時間歩くとき

▪️腰痛

痛みや痺れは10段階で評価(お悩み度)


カウンセリングと評価

過去に病院で変形性膝関節症の診断を受けたお客様。

レントゲンの結果から、両膝関節の内側の軟骨がすり減り関節の間が狭くなっているとのこと。

また、両側の内反扁平足も認められた。(特に左足)

左足の内反扁平足が強いことで、左足をかばって右足に体重をかけ過ぎた結果右膝の変形と痛みに繋がった可能性あり。

趣味である登山や立ち仕事により膝や足への負担が足、膝の変形に繋がったと考えられる。

両膝ともに内反変形(O脚)、両足ともに内反扁平足(特に左側)


主な施術内容

・筋膜調整

両骨盤周り、右膝周囲、すね周囲、両足の筋膜調整

※赤丸は主な筋膜調整場所。他の場所の筋膜調整や違う施術方法も行っています。

・セルフケア指導

棒踏み、踵上げ、膝周囲筋の強化トレーニング

・日常生活指導 

階段の降り方指導、屋外歩行時のウォーキングポールの使用など

変形性膝関節症による膝の痛みは、筋膜のかたさが原因であることが多いです。これ以上膝の変形が進まないよう、セルフケアと日常生活指導を行いました。


施術後の経過

▪️1回目施術後

階段を降りる時の右膝の痛み 7 、左足首の痛み7

▪️2回目施術後

階段を降りる時の右膝の痛み 5、 左足首の痛み6

▪️3回目施術後

階段を降りる時の右膝の痛み 2、左足首の痛み3

1回目の整体後から右膝と左足首の痛みの軽減がみられました。

3回目の施術を終えて、日常生活上で困るほどの痛みはなくなりましたが、膝、足関節ともに変形が強いため痛みの再発の可能性が考えられました。

3回の施術以降、月に1回のメンテナンスを行い痛みの再発予防を行っています。

引き続き症状の悪化と予防、生活の質の向上のためにしっかりとサポートさせていただきます。


まとめ

  • 扁平足のある方は膝の変形が起きやすい
  • 変形性膝関節症による膝の痛みは筋膜調整がおすすめ
  • 体重を乗せた時に膝に痛みがある場合、膝より下の筋膜のかたさが原因であることが多い
  • 筋力強化、膝に負担のかからない動作、物に頼る(杖、インソール、靴、手すりなど)ことで膝の変形予防を行う

今回のお客様のように変形性膝関節症による膝の痛みでお悩みの方は一度当院にご相談ください。

※施術効果には個人差があり、必ず改善できると保証できるものではございません。

当院だけでの評価や施術が難しい場合には、病院を紹介させて頂くこともございます。


◼︎ホームページ

◼︎ブログ

プロフィール
院長 西口幹大

にし予防整体院
完全予約制・出張専門院
岐阜県可児市唯一の出張専門整体院
☎︎080-7093-4801